自由にネットがしたいならWiMAX

自宅だけでなく外でもインターネットが楽しめるWiMAXは今話題です。

携帯の各キャリアの中でも圧倒的なシェアを誇るドコモ。iphoneも魅力的です。

docomoのサイトへ

家の回線をポケットwifi一本にする際の注意点

ポケットwifiは、光回線のように工事をしなくてもインターネットに接続できるのが魅力です。
引越しした時など、光回線の場合、工事の必要がある為ネットが開通するまでタイムラグが生じます。
その点、ポケットwifiなら元いた家から持ってくるだけで即座にネット環境が整います。
実際、引越しを機に家のネット回線もポケットwifiに一本化する方も多いのです。

家の回線をポケットwifiにする際、おすすめなのが容量無制限のプランを選ぶ事です。
家庭で使うネット回線すべてを賄うという事になれば、その分、毎月のデータ量も増えます。
パソコン、タブレット、家族各自のスマホまで賄うとなれば、その量は膨大になります。
特に動画等を見るならなおさらです。
家族全員のネット回線をポケットwifiでカバーするなら無制限プランを選ぶようにしましょう。

参考:ポケットwifi無制限

無制限のポケットwifiであっても一定の条件下で速度制限にかかる事もあります(wimaxの場合は3日で10GB以上)ので一時期に集中して使う場合は、注意が必要です。



これが利便性の高いwimaxの特徴だ

wimaxという一種の無線通信サービスは、LTEよりも高速で通信が出来る、データー通信に特化したサービスと言えるでしょう。
それでは、このサービスについての特徴を幾つか見て行きましょう。
一番目は、会社内の居室や自宅内の家屋だけに留まらずに、出先の街中のカフェや地下鉄のプラットホームやトンネル内部でも利用が可能です。
カギとなるのはモバイルWi-Fiルーターであり、Yシャツやジャケットのポケットに忍ばせておけば重さを感じる事も無く持ち運べます。

二番目は、気になる通信料金が安く済む事です。
例えば、5GBまで利用可能な携帯電話キャリアから発売されているスマートフォンを利用した場合と、スマートフォンでパケット契約を取り止めてwimaxと合わせて利用する場合を比較すると、およそ月あたり千円程度安くする事が可能になります。

三番目はスマートフォンのテザリングを利用した通信と比較すると、バッテリーが非常に長持ちするので、バッテリー切れで肝心な時に利用出来ないという事は無くなるでしょう。
四番目としては、購入してモバイルWi-Fiルーターを設定すれば、直ぐにインターネットを利用出来る様になります。

またLANケーブルを引き回す等の煩わしさから開放されるので、机の上でもベッドの上でも好きな所に移動して利用出来るのはメリットと言えるでしょう。
五番目はwimaxではスループットはおよそ5Mbps以上が得られるので、ネット通販は勿論の事、動画閲覧もストレスなく利用出来るでしょう。